FXから全額引き出し、現状は傍観へ、他の事に時間を使う

By: Dave Conner

FXから全額引き出しして、すっきりしています。自分で使えるお金が増えるというのは、安心感があります。ほぼ入金額と同じ額で退場、しばらくは相場を様子見したうえで、また何か投資の流れがやってきたら、売買するというふうにするつもりでいます。

現状からいえば、アベノミクスは円安をもたらしたし、ギリシャのデフォルト懸念はいったんおさまったし、投資するほどのことはないときです。ここで売買を繰り返すのは無謀といえる面があるし、どっちに行くか予測しがたい展開です。しばらく経って、アメリカの利上げ辺りに期待しておければよいのかも、と思えます。

FXからせっかく退場したのだから、資格の勉強でもして、他のことに時間を割くことができるようになるでしょう。月曜から土曜までチャートにくぎづけになって、眺める必要はありません。お金が減ることがないというのは安心感があって、追加のお金が入るまでは、よほどのことがないかぎりFXに手を出さないようにして、お金を増やしていくことができます。そもそも給料がないというときには、お金を増やしていけないわけですが、減らないということからいえば安全です。他の何かをしてお金を増やすほうがよほど安全かも、と考えることはできます。

おおよそ、ネットで稼ぐなら、外で働くことに幾分敬遠しているわけだから、FXをやめたとたん、お金が増えることがありません。お金が減らなくなった分、増えることもないということで、次のステージでどうにかする必要があります。

FXをやっていれば、株のことはだいたい分かるはずで、その他の類似した取引でもチャート分析手法をそのまま使えます。FXから株に転向すれば、取引銘柄が大幅に増えて、いろんな企業を知ることができます。国際的な話題以上に、国内外の企業に目を向けて、どんな事業を行っていてどう株価がどう変動しているのか確認していくのもFXをやってきた意味があるかもしれません。

標準